Webディレクター転職エージェントランキング

Webディレクターの役割と転職方法

Webディレクターは主にWebサイト制作をディレクションする仕事です。Webデザイナーを数年経験した後、ディレクターへと昇進するケースが一般的です。

専門職である為、求人探しはハローワークよりもWeb業界に精通した転職エージェントを利用する方法がオススメです。例えばマイナビエージェントならIT関連の求人も多数保有しており、希望条件を満たした転職をしっかりサポートしてもらえます。

Webディレクターの求人に強い!転職エージェントランキング!

  サービス名 転職可エリア 詳細
マイナビエージェント 全国対応 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■マイナビエージェントには大手企業のWebディレクター求人が多数掲載されています!
■優良企業への転職の実績とノウハウを持ったスタッフが親切丁寧にサポートします!
あなたの今までのキャリアにマッチするWebディレクター求人案件を見つけられます!
■求人に応募する企業1社ごとに書類選考や面接の対策を万全におこなっていきます!
年収500万円以上のWebディレクターの転職求人案件も多数掲載されています!
■専任のキャリアコンサルタントと相談しながら転職活動を進めていくことが可能です!
■マイナビエージェントには大手・有名企業の非公開案件も多数掲載されています!
■IT業界未経験者でもWebディレクターに転職することができる秘訣を紹介します!



リクルートエージェント 全国対応 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■リクルートエージェントにはあなたにぴったりのWebディレクター求人があります!
■年齢・経験に関係なく様々なWebディレクター求人情報が掲載されています!
■リクルートが運営しており、優良なWebディレクター求人案件が多数紹介されています!
非公開求人案件も多数存在し、好条件の案件も多数掲載されていておすすめです!
「18時退社で残業ゼロ」「土日完全休み」といった希望条件の案件が見つかります!
■専任のコンサルタントがあなたの転職を強力にサポートしてくれるので安心です!
■Webディレクターへの転職に必要な書類の添削や面接対策などをフォローします!
■給料や勤務日数・時間など希望する条件に合ったWebディレクター求人を紹介します!



type転職エージェント 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
あなたにぴったりのWebディレクター求人をキャリアアドバイザーが紹介します!
■「type」では首都圏の正社員Webディレクター案件を無料で多数紹介しています!
■今成長著しい大手Web制作会社の非公開求人案件情報が豊富に掲載されています!
■転職を成功させる職務経歴書の書き方や、受かる面接のコツをアドバイスします!
■大手企業からベンチャーまで幅広い企業の求人案件が掲載されているのが特徴です!
■年収や勤務日数・勤務時間の交渉や入社日調整はキャリアアドバイザーが代行します!
年収500万円や700万円の好条件Webディレクター求人案件も多数掲載されています!
■人気企業や大手企業の非公開求人案件が約80%を占めWebディレクター求人も豊富です!



DODAエージェントサービス 全国対応 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
自分が希望する条件に合ったWebディレクター求人情報を見つけることができます!
■登録すれば専任のキャリアコンサルタントが無料で転職活動をサポートします!
DODAに寄せられる求人情報は約40000件ですが、そのほとんどが非公開求人情報です!
■若干名の募集、極秘プロジェクトに携わるWebディレクター募集案件も多数あります!
■あなたのスキルや経験に興味をもった企業から直接メールが届くこともあります!
あの人気大手有名企業の非公開Webディレクター求人案件も多数掲載されています!
■年収や勤務日数、その他の条件などもキャリアコンサルタントが企業側と交渉します!
■企業側の採用条件とあなたの経験や志向性をもとに適した求人案件のみを紹介します!



キャリコネ 全国対応 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
今よりも年収100万円以上アップのWebディレクター転職求人案件を紹介します!
■キャリコネにはあなたの年収を確実にアップさせるためのノウハウがあります!
■Webディレクターの欠員補充案件や非公開転職求人案件などが豊富に掲載されています!
■優良直接採用企業からあなた宛てにWebディレクタースカウトメールが送られます!
■キャリコネに登録することによって社員が実際に投稿した口コミ情報が閲覧できます!
■口コミ情報には「報酬」「社風」「働く環境」「やりがい」など全8種類あります!
■面接官が実際に聞いた質問や転職前後の年収の変化などを閲覧することができます!
■IT業界未経験者でもWebディレクターへの転職を成功させるノウハウがあります!



Webディレクターの転職活動のポイントは?

WebディレクターはWeb制作会社において重要な役割を果たしていますので、過去の実績や経験がものを言う職種です。Webディレクターに求められる能力はWeb制作の技術よりも、今までにどういった会社でどういった案件を手掛けてきたのかという経験です。したがって、たとえどれほど高度なWeb制作の技術を有していたとしてもクライアントと制作会社側の間に立って、企画立案などのプロジェクトに携わったことがなかったり、制作会社でWeb制作の一連の流れを掴めるような仕事をしたことがなかったりという場合は、いきなりWebディレクターとして働くことは事実上困難です。

未経験者の場合は、まずは最低でも3年間、Web制作の現場で仕事をし、実際にWeb制作というものがどのような流れで行われていくのかということを理解しなくてはなりません。こうした仕事の流れを理解しなくては効率的で適切な指示をスタッフに与えることができないため、Webディレクターの仕事が務まらないと考えられるからです。

Webディレクターとしての経験があれば言うまでもないですが、たとえなくても、Web制作の現場で3年以上働いた経験があれば、あなたの経験や能力を認めてWebディレクターとして採用してくれる場合もあります。実際、Webディレクターとしての採用条件として数年間のWeb制作会社などでの実務経験が必須となっていることがほとんどです。こうした条件をクリアしていれば、あとは自分のアピール力次第で採用・不採用が決まると言って良いでしょう。ほとんど同じような経験・実績の持ち主の応募者が2人いたとします。このような場合、採用側にとって一番の採用の決め手は、コミュニケーション能力や人間としての誠実さです。さすがに面接などの転職活動の場においては、人間性までは見抜くことはできませんが、コミュニケーション能力は採用担当者であればすぐに見分けることができます。

面接時における受け答えの仕方、何気ない会話(面接前後の雑談)などで、あなたのコミュニケーション能力をはかっています。したがって、Webディレクターに転職する際に非常に重要なことは、人間としての常識はもちろんですが、人との接触の仕方、ひらたく言えばコミュニケーション能力なのです。社内でスタッフをまとめてプロジェクトを遂行していくことはもちろんですが、クライアントとの交渉で先方に失礼のないような立ち振る舞い方や言葉遣いなどに注意する必要もあるという事情からこのようなことがWebディレクターには求められるわけです。

Webディレクターの中途採用事情は?

インターネットがこれほどまで進展してきた今、Webディレクターの重要性は増しつつあります。もちろん中途採用として正社員でWebディレクターになることもできます。中途採用の場合、Webディレクションの実務経験が他社である場合が優遇される傾向にあります。そこが、新卒や他の業種から転職する場合とは大きく異なるようです。もちろん、IT企業やWeb制作会社での実務経験があって、Web制作の現場の仕事の流れを知っているのであれば、たとえディレクションの経験がなくても採用される可能性は格段と高まります。事実、転職者の大半はWeb制作や画像加工などの仕事をしていた人が多いというデータもあるのです。

しかし、Webディレクターの中途採用において最も重要なこととして挙げられるのは、やはりディレクターという職種が求められる能力があるかということです。具体的に言えば、Webディレクターという業務は、Webサイトの制作依頼を持ちかけてくるクライアントの要望や希望をじっくり聞いて、それをインターネット上に表現するために社内スタッフの技術を最大限に活かすという橋渡しの役割です。ですから、コミュニケーション能力が最も大切な能力となってくるのです。IT関連の知識も必要最低限は必要です。まったく無ければ適切な判断の元、社内スタッフに指示を与えることができないからです。しかし、それなりの知識や技術を持っていれば、その先はクライアントと社内スタッフをつなぐパイプ役、調整役としての能力という事になります。

中途採用でWebディレクターの仕事につく場合においても、このコミュニケーション能力は欠かすことができないもので、採用側においては特に重視するポイントとなります。過去の実績や経験も考慮されますが、入社後に即戦力として力を発揮してくれるかどうかということを採用する側の企業は見ているわけです。

Webディレクターとしての業務遂行に最低限必要なスキルには、ワードやエクセルなどのOffice関連のソフトを使えることは求められますが、専門的なソフトの使用経験やプログラミングの技術などは必要ではありません。あくまでも、前述のように人とのコミュニケーション能力が採用時には最も重視されます。次に、前職での経験・実績をどのようにWebディレクターの業務に活かすことができるのかを自分なりにしっかり説明できるようにしておくことが大切です。このことがWebディレクターの中途採用を成功させることができるか否かを大きく左右させることとなります。


Copyright (C) 2014-2018 Webディレクター転職エージェントランキング All Rights Reserved.